忍者ブログ

短い人生

言葉の旅を


そヾろ神の物につきて心をくるはせ……
なんと、わけもなく人の心をそそのかす神がいるという嬰兒敏感
そんな神にとり憑かれたように、白河の関を越えたいと旅を思い立ったのは俳人の松尾芭蕉だった。
年の瀬のいま、ぼくもまた、ひとつ関を越えなければならない気がしている。
おまえも越えよという、そヾろ神の声に急かされている。

どこやらで旅する人たちがいることを想う迪士尼美語 有沒有效
旅のように思わぬところで、自分で書いた古い詩に出会い、言葉の旅を振り返ってしまうことがある。
5年前に書いた自作の詩を読み直す。いまでは、こんな詩は書けないような気がする。
過去の自分は、すでに他人になっている。それでも、すこしだけ近づいてみたいと思い、もういちど言葉をたどる。小さな旅をする。

これは5年前に、自分のブログに書いた記事だ。
ひとは同じようなことを考え、同じようなことを繰り返すのだろうか迪士尼美語 評價
1年という時のサイクルの速さに驚きながら、5年前の年末はどうだっただろうかと振り返って、ブログの記事を読み返してみたら、やはり今と同じようなことを考えていたようだ。
そしてまた、そヾろ神の声を聞きたいと思い、もういちどまた、言葉をたどる小さな旅をしてしまう。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R